新潟リフォームガイド活用法

自分にあったリフォームのための新潟リフォームガイド活用法

リフォームを進めるにあたって、最低限知っておきたい事柄をご紹介します。情報収集・比較検討などを自ら行うことが間違いのないリフォームにつながるのです。

ご家族内でリフォームの相談

1、目的・要望の整理

まずは、自分の住まい・暮らし方などの状況をふまえて、どのようなリフォームが必要かを整理します。ご家族で改善したい点を洗い出し、将来のライフスタイルなども考慮して目的・要望をまとめていきます。

リフォームプラン・費用を調べる

2、参考事例・会社・費用などを調べる

本サイトのメインメニューである「リフォーム事例の検索」を活用して、自分にあったリフォームプランや費用などの情報を調べましょう。リフォーム事例を見て初めて必要性を把握することもあれば、想定している予算から可能な施工内容なども見えてきます。

リフォームプランの箇所・内容・予算を決める

3、リフォーム内容の決定

本サイトで探したリフォームのリフォーム事例をもとに、家族で話し合いをするなどリフォームする箇所・内容・予算を決定します。そして、自分の希望をある程度把握したら、どんな会社が候補先になるかを「会社検索」でチェックしていきましょう。

相談・見積

4、リフォーム会社へ相談

リフォームしたい内容が決まったら、本サイトを活用してリフォーム会社に相談してみましょう。見積を依頼する前に確認したい点などがあれば、本サイトの「カンタン問合せ」で問合せをしてみましょう。大体の内容が決まっていれば見積を依頼してみましょう。見積を依頼するには、現況を実際に見てもらうなどの十分な情報提供が必要です。

リフォーム会社を決定

5、依頼先の決定

見積や問合せなどで得た金額・施工プランなどの情報を比較・検討して、自分にあったリフォーム会社に工事を依頼します。見積の表記内容が各社ごとに異なっていたり、細かな仕様の違いで金額に差が出たりしますが、十分に説明をしてもらい、納得した形で依頼先を決めましょう。

契約書の作成

6、契約

依頼先の会社が決まったら、契約です。トラブルにならないためにどんな小さい工事でも契約書を取り交わしましょう。その際以下のポイントを確認しましょう。

  • 図面・仕様書などと相違ない工事内容か
  • 打合せと相違ない工事期間か、実施可能な工事期間か
  • 最終見積と相違ない工事金額か
  • 打合せした期日・金額と相違ない支払方法か
  • 引渡し日が遅れる場合の保証はどうするか
  • 工事業者が倒産した場合の保証はどうするか
  • 契約解除の条件はどうなっているか
  • 工事の変更となる場合はどうするか
  • 瑕疵責任の範囲と期間はどうなっているか

リフォーム開始!

7、工事

まず工事にあたっては、仮住まいの手配、近隣への配慮など様々な対応が必要です。また工事中は、定期的に現場をチェックして工事が間違いなく進んでいるかを確認していく必要もあります。やむをえず工事中に変更・追加などが出た場合は、書面・図面で内容を明確にして、契約変更して進めるようにしましょう。

リフォーム終了!書類を保管

8、工事終了後

工事終了後は、事前の契約と同じ工事内容か、引渡し前に施工者から説明を受けましょう。そして、工事内容を記録した書類は全て大切に保管しておきましょう。最後に、住まいにとって工事終了は全ての終わりではありません。定期的に点検することで、より快適な住まいが実現できるものです。